読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スローな冬の立役者

寒さが一層深みを増してきました。

お日様がちょっとだけ遠くへお出かけしている間、なんとかこの寒さを凌がないと。
 
 
陽気なお日様がいないからと言って、陰気になんかなっていられません。
寒くて厳しいからこそ、温もりの有り難みがよく分かる…
冬はそんな優しい季節でもあります。
 
家に帰って、ホッと一息。
かじかんだ手に、疲れた身体。
こんな時は温もりが恋しくなります。
寒い冬に身も心も温めてくれる…
そんな今日はとっておきのメニューをご紹介しましょう。
 
f:id:kokorosanda:20151219102105j:image
ホットココア・グラノーラ
 
ナッツ、オーツ麦、ココナッツ、シナモン、ココア、クランベリー、ストロベリー…などなど、商品によって違いはありますが、美容に良いと言われると素材がたっぷり入っています。
 
f:id:kokorosanda:20151219100148j:image
温かいココアの風味と、オーツの食感、果物の甘味が、ふわっと広がります。
疲れた身体も、一気に元気になりそうです。
 
作り方は簡単です。
ココアパウダーを溶かしたミルクを温めて、その中にグラノーラを入れるだけ。
グラノーラを器に入れておいて、そこにココアミルクをかけても出来ますが、
私はある程度温まったミルクの中に入れ、鍋の中で少し温めます。
 
そして、沸騰寸前で止めて、器に移します。
尚且つ、器をお湯で温めておくと、最高にホットな状態でいただくことができるので、この方法がお勧めです。
 
ココア、きな粉、酵素パウダーを入れて混ぜたペースト。これを牛乳で溶かせば、たんぱく質やビタミン、ミネラルを効率よく摂ることができます。
 
牛乳、きな粉の組み合わせでたんぱく質がたくさん取れるので、成長盛りのお子さんや、筋肉をつけたい男性にもオススメです。
 
ココア(きな粉)を上手に溶かしたいなら、コップの中に粉を入れ、
少量の牛乳で、しっかりかき混ぜましょう。徐々に牛乳を足していきます。
しっかり混ざってから、鍋に移すのです。
粉の状態から鍋に移して火をかけると、溶けてべったり鍋に付いてしまいます。
 
さて、このメニューを取り入れる上で、大切なことがあります。
それは、素材にこだわること。
白砂糖を使っているものは、NGです。
何故なら、精製糖は身体を冷やす作用が強いからです。三温糖もNG。
てんさい糖や、ブラウンシュガー、自分で加えるなら、
裏の原材料に「原料糖」と書かれた砂糖を勧めます。
 
そうなると、選択肢はあまり多くありません。
 
こういった商品が候補に入りますが、なんせ高価です。
自分でドライフルーツやオーツ缶を買って混ぜた方が安くつきます。
 
私は週末の楽しみとして、土日だけ食べることにしてます。
そうすると、ちょっと贅沢な気持ちになれます。
 
グラノーラじゃなくても、ホットココアはやっぱり美味しい。
有機ココアをゆっくり溶かして、弱火でじっくり温めて、
小さなコップに注いだら、ちょっとずつすすって、ホッと一息。
 
f:id:kokorosanda:20151219105947j:image
スローな休日の立役者。冬の味方です。
 
written by Okazaki
 
 
訪問マッサージ無料体験受付中!私たちは、こころ三田鍼灸治療院です。