読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

治療家向け書籍レビュー 『問診のすすめ』

こんにちは、岡崎です。

治療家向けの書籍レビューです。東洋学術出版社の『問診のすすめ』。
f:id:kokorosanda:20160122122949j:image問診をしていると患者様の様々な言葉に翻弄されてしまい、なかなか本質が見えないことがあります。
そんな時どうすればいいのか?
本書には問診の構造から作法まで、臨床で使える様々なテクニックが紹介されています。

中医学に基づく診断を身につけたい方は、一度読んでおいて損はないでしょう。