読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人買い

岡崎です。

いい気分です。

大阪梅田の紀伊国屋書店で、中医の医学書三冊購入。

f:id:kokorosanda:20160924203635j:image

すべて、北京堂の浅野周先生が翻訳された書籍。

浅野先生は大腰筋刺鍼という技を考案し、中国の優れた書籍をたくさん翻訳して日本に送り出しておられる、素晴らしい先生です。

 

今回購入した本は、主に経絡に関するものと、特殊な鍼灸実技が載っているもの。

左と真ん中のは経絡の本です。なんと日本の教科書には、どのように経絡が内臓に連絡されているのか、全然載っていないのです。この本は、どの経絡が病めば、どんな症状が出るか、作用と症状が詳細に書かれています。

鍼灸学釈難』は、例えば『難経』の「井を刺そうと思えば、滎を瀉せ」をどう解釈すればよいか?など、Q&A方式で、経絡学から実際の刺鍼法まで、分かりやすく解説してくれます。『全訳経絡学』とセットで読むと理解が深まります。

最近、経絡の重要性に気付いたので、もう一度学び直しです。

 

右側の「すぐに身につく 鍼灸実技71選」という本、すぐに身につくとか書いてますが、絶対すぐには身につきません。

 

おそらく、ここに載っている手技が全てできる日本の鍼灸師は、おそらく1パーセント…いや、そんなに居ないと思います。おそらく、数えるくらいしかいない。それくらい難しい手技も載っています。この本の内容は学校ではほとんど学びません。いやー、読んでるだけで追試したくてウズウズしてきます。

 

専門書って、ほんっっと高いですよね。

だから一冊ずつチマチマ買い揃えていますが、今回は三冊まとめ買い。

今更ながら、大人になった気分です。(もうすぐ30になりますが。笑)

 

岡崎